できてしまったシミはコンシーラーなどのコスメで隠す、スキンケアで薄くする、食品で予防するのが効果的です。

シミはスキンケアで薄くしてメイクでカバー
シミはスキンケアで薄くしてメイクでカバー

シミはコスメで隠してスキンケアで薄くする

夏は紫外線が強くなり、シミができやすい季節です。
コスメを使ってカバーするのはもちろん、普段のスキンケアでできるだけ抑える努力が必要です。
すでにシミがある場合、見えているものは毎日のメイクで隠すようにします。
隠さなくても自然のままで良い、という考えもあります。

しかし、職業によってはメイクが義務付けられていることもあります。
その場合、シミはやはりできるだけ隠してしまった方が良いでしょう。それほど大きくないシミなら、コンシーラーで隠すのが一般的です。
一部分を隠すときは、スティック状のコンシーラーが便利です。
シミ隠しに適しているのは、白系よりも赤っぽいオレンジ系のコンシーラーです。
明るい色だと、逆にシミを目立たせてしまう可能性があります。
濃いめの方が隠せます。
色をのせる時は、シミよりも少し大きめにします。
あくまでのせるような感覚で塗って、周囲となじませます。
コンシーラーは、ファンデーションの後に塗るとより自然に見せることができます。
塗布後に化粧ブラシなどを使い、先に塗ったファンデーションとなじませます。
しっかりなじませれば、シミはかなり目立たなくなります。


既にあるシミは普段使いのコスメを用い、スキンケアである程度薄くすることも可能です。
高価な美白コスメを使わなくても、シミ対策はできます。
スキンケアで重要なのは、コスメを肌に浸透させ、保湿することなのです。
肌の乾燥は代謝も鈍らせてしまいます。
その結果、シミを作りやすくなってしまうのです。
だからこそ、肌の保湿は重要です。
普段使っている化粧水を倍の量にして、時間をかけて肌に浸透させます。
水溶性の化粧水や美容液をコットンなどに染み込ませ、パックするのも効果的です。
シミ対策では、一時間以上はパックした状態にしておく必要があります。
他にビタミンCの補給など、食品で新たなシミを防ぐことも大切です。
夏に向かって、できてしまったシミをコスメで隠しつつ、スキンケアや食事などで薄くしたり予防して美肌に近づけていきましょう。